小説

『MISSING』本多孝好の感想

『MISSING』 本多孝好著/双葉文庫 ・内容 「このミステリーがすごい!2000年版」第10位!第16回小説推理新人賞受賞作「眠りの海」を含む処女短編集。 繊細な視線で描かれた物語が、心の奥底に潜むミステリアスな風...
小説

『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦の感想

『夜は短し歩けよ乙女』 森見登美彦著/角川書店 ・内容 鬼才モリミが放つ、キュートでポップな片想いストーリー! 「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた...
小説

『ぼくは勉強ができない』山田詠美の感想

『ぼくは勉強ができない』 山田詠美著/新潮文庫 ・内容 ぼくは確かに成績が悪いよ。でも、勉強よりも素敵で大切なことがいっぱいあると思うんだ―。17歳の時田秀美くんは、サッカー好きの高校生。勉強はできないが、女性にはよくもてる。...
小説

『図書館戦争』有川浩の感想

『図書館戦争』 有川浩著/メディアワークス 【内容】 ───公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。 超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館!狩られる本を、明日...
小説

『空中ブランコ』奥田英朗の感想

『空中ブランコ』 奥田英朗著/文藝春秋 【内容】 傑作『イン・ザ・プール』から二年。伊良部ふたたび! ジャンプがうまくいかないサーカス団の団員、先端恐怖症のヤクザ……。精神科医伊良部のもとには今日もおかしな患者たちが訪れる ...
小説

『終末のフール』伊坂幸太郎の感想

『終末のフール』 伊坂幸太郎著/集英社 【内容】 あと3年で世界が終わるなら、何をしますか。 2xxx年。「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」と発表されて5年後。犯罪がはびこり、秩序は崩壊した混乱の中、仙台市北部の団地...
小説

『ショートソング』枡野浩一の感想

『ショートソング』 枡野浩一著/集英社文庫 【内容】 ハーフの美男子なのに内気で、いまだチェリーボーイの大学生、克夫。憧れの先輩、舞子にデートに誘われたが、連れていかれたのはなんと短歌の会!?しかも舞子のそばには、メガネの似合...
小説

『有頂天家族』森見登美彦の感想

『有頂天家族』 森見登美彦著/幻冬舎 【内容】 第20回山本周五郎賞受賞第一作!著者が「今まで一番書きたかった作品」と語る渾身の作。偉大なる父の死、海よりも深い母の愛情、おちぶれた四兄弟……でも主人公は狸?! 時は現代。...
小説

『太陽の塔』森見登美彦の感想

『太陽の塔』 森見登美彦著/新潮社 【内容】 私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんという恋人ができた。毎日が愉快だった。しかし水尾さんはあろうことか、この私を振ったのであった!クリスマス...
未分類

はじめまして。

はじめまして。 これからゆっくりと読んだ本の感想を書いていきたいと思います。 たまにのぞいてやってください。