ノンフィクション

ノンフィクション

『東大落城―安田講堂攻防七十二時間』佐々淳行の感想

『東大落城―安田講堂攻防七十二時間』 佐々淳行著/文春文庫 【内容】 昭和四十四年一月ー放水に煙る時計塔、屋上から投下される人頭大の石塊、火災ビンに灼かれた機動隊員の苦痛に歪む顔・・・その時、作家三島由紀夫から緊急電話が!六十...
ノンフィクション

『中田英寿 鼓動』小松成美の感想

『中田英寿 鼓動』 小松成美著/幻冬舎 【内容】 フランスW杯、マスコミとの軋轢、セリエA進出__沈黙を通していた中田英寿選手本人を始め、のべ二百人以上の関係者への緻密な取材の果てに見えてきた、中田が追い求めていた真実とは。 ...
ノンフィクション

『Uー22』元川悦子の感想

『Uー22 フィリップ・トルシエとプラチナエイジの419日』 元川悦子著/小学館 ・内容 本書は1998年9月21日、フィリップ・トルシエの日本代表監督就任の日から、99年11月13日、五輪2次予選でシドニーへの切符を手に入れ...
ノンフィクション

『決戦前夜 Road to FRANCE』金子達仁の感想

『決戦前夜 Road to FRANCE』 金子達仁著/新潮文庫 【内容】 1997年フランスW杯アジア地区最終予選。序盤戦の危機を乗り越え、日本代表チームは、ジョホールバルでイランとの最終戦に臨む。監督更迭・選手間の世代ギャ...