夏目漱石

夏目 漱石

なつめ そうせき

 

 

1905年

1月吾輩は猫である倫敦塔

4月「幻影の盾

7月「琴のそら音

11月「薤露行」

カーライル博物館

 

 

1906年

4月『坊っちゃん

9月「草枕」 「落第」

10月「二百十日

11月「自然を写す文章」

 

 

1907年

1月「野分

5月「入社の辞」

6月虞美人草

 

 

1908年

1月坑夫

6月「文鳥

7月「夢十夜」

9月「三四郎」「処女作追懐談」「正岡子規」

11月「文芸は男子一生の事業とするに足らざる乎」

 

 

1909年

1月「永日小品」「私の経過した学生時代」

2月「予の描かんと欲する作品」

6月それから

8月「長谷川君と余」

9月「「額の男」を読む」

10月「満韓ところどころ」

 

 

1910年

1月「元日」

3月「門」「京に着ける夕」

7月「艇長の遺書と中佐の詩」「文芸とヒロイツク」

10月「思い出す事など」「二百十日」

 

 

1911年

6月「西洋にはない」

「現代日本の開化」

 

 

1912年

1月「彼岸過迄」

12月「行人」 

 

 

1914年

3月「文士の生活」

4月 こゝろ

11月「私の個人主義」

 

 

1915年

1月「硝子戸の中」

6月「道草」

 

 

1916年

5月「明暗」

 

 

2017年

2月「夏目漱石:世界中で読み継がれる永遠の現代作家 | nippon.com

 

 

関連項目

作家別作品リスト:夏目 漱石

夏目漱石 | 著者プロフィール | 新潮社

夏目漱石生い立ち:新宿区

夏目漱石:朝日新聞デジタル

コメント