冒険エレキテ島 1 /鶴田謙二

・形式

漫画、長編、冒険、ファンタジー

 

 

・あらすじ

最愛の祖父の遺志を継ぎ、めげない孤高の女パイロットは、愛猫とともに幻の 浮き島「エレキテ島」を追い求める。どこかユーモラス。何度でもみずみずしい。美しく表現豊かな画を約束する天才・鶴田謙二の最新作。

複葉機・ソードフィッシュを駆り、離島で空輸業を営む快活な女パイロット・ 御蔵みくらは、祖父の遺品から幻の「エレキテ島」の存在を知る。そして、重なった偶然によってその島に遭遇したのだが・・・。

 

・収録話数

2話構成

 

・初出

「漫画BOX AMASIA」、2010年7月

アフタヌーン、2011年11月

 

 

・刊行情報

冒険エレキテ島 1(KCデラックス アフタヌーン)

2011年10月

 

・読了日

2017年8月17日

 

・読了媒体

冒険エレキテ島 1 (KCデラックス アフタヌーン)

第1刷

 

・感想メモ

なんとなくジブリっぽい。
紅の豚、ラピュタ、ナウシカ。
飼い猫にエンデバー。
美麗な絵に飛行機が映える。
めちゃくちゃ良いところで終わった。
どうなるのか?これから。
こんな女の子いないだろうけど、背景、街並みの絵で語るスタイル。
荷物を決して開けないのと島というところで、『キャスト・アウェイ』を思い出す。全然関係ない。

少ない台詞と説明、絵で進めていくストーリー。素敵。(2017.08.17)

コメント