私小説 from left to right /水村美苗

・形式
小説

・あらすじ
「美苗」は12歳で渡米し滞在20年目を迎えた大学院生。アメリカに溶け込めず、漱石や一葉など日本近代文学を読み耽りつつ育ったが、現代の日本にも違和感を覚え帰国をためらい続けてきた。雪のある日、ニューヨークの片隅で生きる彫刻家の姉と、英語・日本語まじりの長電話が始まる。異国に生きる姉妹の孤独を通じて浮き彫りになるものとは…。本邦初、横書きbilingual小説の試み。

・収録話数

・初出
「日本近代文学 私小説 from left to right」

批評空間、第7号~第12号
1992年10月~1994年1月

批評空間第Ⅱ期、第1号~第3号
1994年4月~10月

・刊行情報
私小説 from left to right(新潮社)
1995年

私小説 from left to right(新潮文庫)
1998年

私小説 from left to right(ちくま文庫)
2009年3月10日

・受賞歴、ランキング
第17回野間文芸新人賞

・読了日

・読了媒体
私小説 from left to right(ちくま文庫)
第一刷

・感想メモ
()

コメント

タイトルとURLをコピーしました