ふらいんぐうぃっち1 /石塚千尋

・形式

漫画、ストーリー

 

・あらすじ

見習い魔女の木幡真琴は、15歳になったら独立して家を出るという「魔女のしきたり」に従い、使い魔の黒猫チトと共に、実家の横浜から遠く離れた青森県弘前市にある又従兄弟の圭・千夏兄妹のいる一家に頼って、居候を始めることになった。
魔女たちが好むという自然豊かな東北地方・弘前を舞台に、同級生の那央や先輩魔女犬養との出会い、真琴の姉である茜との魔法修行、喫茶店「コンクルシオ」での椎名母娘や動物たち、さらには精霊や幽霊などの不思議な存在との交流を通じ、1人の若い魔女と彼女を取り巻く人々の騒々しくも穏やかな日常の風景が、淡々とコミカルに描かれる。

 

・収録話数

第1話~第6話

 

・初出

別冊少年マガジン、2012年9月号10月号12月号、2013年2月号4月号6月号

 

・読了日

2016年11月27日

2017年9月8日

 

・読了媒体

ふらいんぐうぃっち1 (週刊少年マガジンコミックス)、Kindle

ふらいんぐうぃっち1 (週刊少年マガジンコミックス)

 

・感想メモ

読み始めたときは日常生活を淡々と描く「よつばと」みたいな漫画なのかなと思ったけど、主人公は魔女だし、箒を使って飛べたりもする(だからタイトルがふらいんぐうぃっち)。ほかにも魔女に関係する植物が出てきたり、ちょっと変な人が出てきたり。

「よつばと」とはちょっと違うとは思ったけど、絵のせいか「みなみけ」っぽくは見える。主人公がちょっと天然っぽいというか天真爛漫なので読者は他の登場人物と同じように突っ込み役に回るかもしれない。または魔女や魔法に触れて、なにそれ!と驚くかもしれない。

あとヒロインがかわいい。千夏ちゃんもかわいい。(2017.09.09)

コメント