惑星9の休日 /町田洋

・形式

漫画、連作短編集、SF

 

・あらすじ

新人・町田洋による、全編描き下しデビュー単行本。
辺境の小さな星、“惑星9″に暮らす人々のささやかな日常を描いた連作短編集。
凍り付いた美少女に思いを馳せる男、幻の映画フィルムにまつわる小さな事件、
月が惑星9を離れる日、愚直な天才科学者の恋……
風にのって遠くからやってきた、涼しげな8つの物語。

 

・収録話数

惑星9の休日
UTOPIA
玉虫色の男
衛星の夜
それはどこかへ行った
とある散歩者の夢想
午後二時、横断歩道の上で

 

・初出

描き下ろし

 

 

・刊行情報

惑星9の休日(祥伝社)

2013年8月15日

 

・読了日

2017年9月7日

 

・読了媒体

惑星9の休日(祥伝社)

 

・感想メモ

辺境の小さな星「惑星9」を舞台とする連作短編集。日常系と言うよりは、ショートSF集といった感じ。詳細な設定を練り、隅から隅まで世界を構築したSFというわけでもなく、地球(日本)とは違う世界を舞台にしましたという雰囲気だ。

 

ショートSFなのではじめは星新一を思い浮かべたが、それぞれの話にしっかりとしたオチがあるわけでもないので、たむらしげるや宮崎夏次系といった系譜かも。ハードSFというわけではなく、雰囲気を重視した漫画が好きな人におすすめ。シンプルな線の漫画なのに豊かな表情が見られて、とくに印象に残った。(2017.09.07)

コメント