僕は自分が見たことしか信じない /内田篤人

・形式

フォトエッセイ、サッカー

 

・あらすじ

フォトエッセイとしては異例の15万部を売り上げた、
『僕は自分が見たことしか信じない』をベースに
新たなに文章を大幅加筆した、文庫改訂版である。
(※写真は冒頭8P、他はすべて文章で再構成)

●レギュラーから陥落し、ときにはベンチ入りもままなかった
状況から如何にしてレギュラーを奪い返したのか。
●度重なったケガの恐怖から学んだことは何か。
●ブラジルワールドカップへの強い想いとは。
●愛してやまないチーム「シャルケ04」での
日々も詳細に描かれている。

ポーカーフェイスにだまされるな!
心の奥底に隠された情熱と苦悩が、
今ここで明かされる――。

内田篤人。
サッカー日本代表の不動の右サイドバックである。
高校卒業後、鹿島アントラーズに入団。
即レギュラーになり、Jリーグ3連覇を達成した。
そして、19歳で日本代表にも選出。
2010年、ドイツの「シャルケ04」に移籍し、
レギュラーとして活躍。初年度には、
チャンピオンズリーグ・ベスト4入り、
ドイツカップ優勝など、輝かしい実績を残した。
また、2012-2013年にはチャンピオンズリーグ、
ベスト16まで駒を進めている。

飄々とした物言い、どんなときも冷静な佇まいで、
どこか「つかみどころのない」キャラクターだと言われている。
ただ、そのほとんどは誤解であり、内田篤人の戦略だ。

自分の本心を人に知られたくない。努力を軌跡を人に言う必要もない。
彼は壁を作ることにより、自分の仕事に集中してきた。

だからこそ、この本は貴重な一冊になる。
彼がはじめて、自分をさらけだし、自らの内面を素直に綴っている。

彼はその端正な外見だけではない。
男らしい一面をもっている。誰よりも優しい心を持っている。
そして、だれよりもサッカーに対して真摯だ。

知られざる内田篤人の軌跡が克明に記された一冊である。

 

・収録話数

全8部

 

・初出

書き下ろし

 

 

・刊行情報

僕は自分が見たことしか信じない 文庫改訂版 (幻冬舎文庫)

2013年6月

 

・読了日

2017年8月1日

 

・読了媒体

僕は自分が見たことしか信じない 文庫改訂版 (幻冬舎文庫)

 

・感想メモ

吐き気と闘いながらのプロ生活、サッカー選手としてのプロ生命がもっとも短いのはサイドバックじゃないかと不安視していたこととか、友達を大切にしているところだとか知らないことばっかりだった。

 

僕の知っている内田篤人は怪我の時期を除いて、常に監督に信頼されている選手だ。高卒ですぐに鹿島のレギュラーの座を掴み、日本代表にも召集されて加地のあとの右サイドバックの位置を不動のものにした。若くして名門シャルケに移籍するやそのチームでも試合に出続けた。怪我以外で監督の構想から外れたのは2010年の南アフリカW杯のときくらいだと思っていた。でももちろんその影で努力して、苦労していたんだなってそんなことにも思いが寄らなかった。(2017.09.02)

コメント