「1973年のピンボール」の年表

未分類

※もはやネタバレ以外の何ものでもないです。未読の方はご注意下さい。

1928   ジェイ誕生。(93p)
1934   レイモンド・モロニーによりピンボールの第一号機が発明される。
1952   ギルバート・&・サンズがピンボールの一号機を完成させる。(124p)
1953   翻訳事務所の女の子、誕生。(104p)
1957   ギルバート社、ピンボールから手を引く。(124p)
1959   ギルバート社、秘密工場で研究を進める。(125p)
1960   直子が移り住んだ家の設計者の老人、死去。(17p)
1961   12歳の直子がこの土地にやってくる。(16p)
1962   漁師達が街を去る。(54p)
1964   ギルバート社、再開の第一号機『ビッグ・ウェイヴ』完成。(125p)
1966   井戸掘り職人が、電車に轢かれて死亡。(18p)
     <鼠>大学入学。家を出て、マンションに移る。(43p)
     <鼠>初めて、ジェイズ・バーでビールを飲む。(111p)
1969 春 <僕>、20歳。(9p)
1969/11  土星生まれを含むグループが占拠する大学の九号館に機動隊が突入。(7p)
1970 春 <鼠>、大学中退。以後、時の流れが均質さを失い始める。(42p)
1970/3  <僕>、同じアパートの女の子から食器などをもらう。(61p)
1970 冬 <僕>、ピンボールの呪術の世界に入り込む。(113p)
1971/2  <僕>、ピンボールをやめる。(116p)
1971/2/3 『スペースシップ』が廃棄処分と記録される。(143p)
1972 春 <僕>、共同経営者と翻訳事務所を開く。(31p)
     『スペースシップ』がある渋谷のゲーセンが火事になる。(128p)
1972 夏 <僕>、プールの跳び込み台の下で差し歯をなくす。(37p)
1973/5  <僕>、犬を見るために駅を訪れる。(10p)
1973/9  「1973年のピンボール」の始まり。(25p)
     <鼠>、設計事務所の女の子と出会う。(68p)
     <僕>、双子の女の子と暮らし始める。(12p)
1973 秋 <鼠>はジェイズ・バーに通う。五年ぶりに煙草を吸う。(40p)
     配電盤の交換が行われる。(44p)
1973/11  <僕>、ピンボール「スペースシップ」と再会する。(138p)
     <鼠>、街を出る。(163p)
     <僕>、双子と別れる。(175p)

こんな感じです。

気がついたこと。

・<僕>、<鼠>、と村上春樹の三人は学年にすると同じ学年。

ま、そんなもんです。