『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』森博嗣の感想

未分類

『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』 森博嗣著/中公文庫

【内容】

僕は戦闘機のパイロット。飛行機に乗るのが日常、人を殺すのが仕事。二人の人間を殺した手でボウリングもすれば、ハンバーガも食べる。戦争がショーとして成立する世界に生み出された大人にならない子供―戦争を仕事に永遠を生きる子供たちの寓話。 森博嗣、渾身の一作が待望の文庫化。

【著者紹介】

森博嗣

1957年愛知県生まれ。工学博士。国立N大学工学部建築学科助教授として勤務するかたわら、1996年、『すべてがFになる』(講談社)で第1回メフィスト賞を受賞し、ミステリィ作家としてデビュー

【感想】

この本は読む人を選ぶ本のような気がします。

まず、その前にこの本の位置について述べなければならないと思います。この本は刊行順は一巻目ですが、内容は最終巻にあたるようです。つまり最初に結末を述べておいてから、それにいたる経緯を説明するという形をとっています。スター・ウォーズのようです。

さらに作風についても述べることにします。作風は、今彼の著作を読んでいる最中だからかもしれませんが、村上春樹の初期三部作の雰囲気に似ている気がします。どこか諦めが前提としてあるような世界観。ときおり挟まれる詩的な(散文的な?)文章がそれに拍車を掛けています。

主人公が、少年であることも関係していると思われます。個人的に主人公が少年少女の作品は読みやすいし共感しやすいと思っています。彼らの年代は僕らは皆通ってきますし、どこか理解できる。(それでいて決定的に理解できないところがあるというのも魅力的なんですが。)

でもこの作品はかなり渇いています。渇きすぎているかも知れません。

この作品で、主人公達が少年であることは特筆されません。つまり作中の世界においては当然のことなので、わざわざ語るまでもないということなんでしょうし、これから語られることなんでしょう。きっとそれらの要素を「当然」と思えるぐらいにシリーズを読んで、それから再読しないと本作の評価は意味を為さないと思います。

・形式

小説、長篇、戦争

・あらすじ

戦闘機乗りの僕には、戦闘が日常。直接ではないけれど、人を殺す。人を撃ったその手でその日、ハンバーガを食べ、ボウリングもするのも日常……森博嗣が新天地に挑んだ意欲作!

僕は戦闘機のパイロット。飛行機に乗るのが日常、人を殺すのが仕事。二人の人間を殺した手でボウリングもすれば、ハンバーガも食べる。戦争がショーとして成立する世界に生み出された大人にならない子供。戦争を仕事に永遠を生きる子供たちの寓話。

・収録話数

・初出

・刊行情報

スカイ・クロラ(中央公論新社)

2001年6月1日

スカイ・クロラ(C・NOVELS BIBLIOTHEQUE)

2002年10月

スカイ・クロラ(中公文庫)

2004年10月1日

・読了日

2009年2月20日

・読了媒体

スカイ・クロラ(C・NOVELS BIBLIOTHEQUE)

スカイ・クロラ(中公文庫)