『空色ヒッチハイカー』橋本紡の感想

小説

『空色ヒッチハイカー』 橋本紡著/新潮社

・内容

あれほど憧れ続けた兄貴の背中を追いかけて、18歳の夏休み、僕は何もかも放りだして街を出た。兄貴の残した年代物のキャデラックに免許証。抜けるような夏空。ミニスカートにタンクトップの謎の美女・杏子ちゃんが、旅の相棒。個性あふれるヒッチハイカーたちと一瞬の出会いを繰り返しながら、僕は、ひたすら走り続ける!バカだからこそ、突き進める。真面目だからこそ、迷わない。―究極の青春小説。

・感想

この小説を読んだときに、こんなに上手くばかりいかないだろうとどこかで思いながらも、頭の大部分は羨ましさと憧れで占められていました。

いいなって。こんなことをしてみたいって。

主人公は、東大志望の高校三年生。夏休みは受験の天王山などと言われるようにとても大切な時期です。その夏休みに主人公は勉強をしないことを決めて、兄の残した車に乗って旅に出ます。

行き先は決まっていますし、その目的もはっきりしているんですが、主人公は新幹線や飛行機ではなく、兄の残した車で行くことにこだわります。

主人公は旅に出た直後にヒッチハイカーを拾うことを思いつきます。夏休みという時期がちょうど良かったのか、途中では様々な人に出会います。それが本当に楽しそうなんです。

最初に、杏子ちゃん、ちゃんって言っても二十歳を過ぎているので立派な女性といったほうがいいかもしれません、っていう女の子に出会います。この子とは一番長く旅をすることになるのですが、一緒にいたら面白そうだと思える子です。

とはいっても、気さくとか、天然とかそういう感じの子ではなくて、気が強いんだけど何か憎めない(小説の登場人物と言うこともあるんでしょうけど)子で、『半分の月』の里香に通じるところがあるようです。

『半分の月』のときには主人公、ヒロインともに共感できたんですけど、これは違いました。ヒロインの気持ちはよく分かったと思うのに、主人公を好きにはなれなかったのが残念でした。

著者は、脇役を描くのが非常に上手いと思います。『流れ星』のお父さんや、『月光スイッチ』の弥生さんと睦月君、『ひかりをすくう』の小澤さん、本作では石崎さんが杏子さんの言うとおり素敵です。

本人は、日本中を巡っているらしい、旅人です。どもっているし、話の長い人です。とても不器用そうだし、これだけ聞くと好感は持てないような気がするんですがそうでないのだから不思議です。彼と別れるときは悲しくなってしまいました。

さて、いきなりですが、人が成長するときは、人と会話するときと、自分の知らないことを手探りでやる、この2つのときだと思っています。ならば、ヒッチハイカーと話しながら、見知らぬ土地への旅に出る。これ以上のことはなかなか望めないほど、絶好の機会です。その意味でも、彼のことが羨ましいなどと言ったわけです。

ネットでいろんなサイトをみてみると、これに影響されてかは知りませんが、高校三年の春休みに(二年と三年の間のようです)自転車で、埼玉から伊勢まで行った人もいたようで、その行動力に脱帽です。

私も高校三年の夏は県外に出かけましたが、こんな旅ではありませんでしたので、もし一人でどこかに出かけるような行動力があればなんて思ったりするんですが、同時に行ける人も相当少ないだろうなんて自己弁護もしてしまっています。

主人公は嫌な奴なのに、ヒロインは言葉遣い以外はとてもいい人。

・形式

 小説、長篇、青春

・あらすじ

人生に一度だけの18歳の夏休み。受験勉強を放り出して、僕は旅に出る。兄貴の残した車に乗って、偽の免許証を携えて。川崎→唐津、七日間のドライブ。助手席に謎の女の子を乗せて、心にはもういない人との想い出を詰めて、僕は西へ向かう。旅の終わりに、あの約束は果たされるだろうか。大人になろうとする少年のひと夏の冒険。軽やかな文章が弾ける、ポップでクールな青春小説。

・収録話数

・初出

・刊行情報

空色ヒッチハイカー(新潮社)

2006年12月

空色ヒッチハイカー(新潮文庫)

2009年7月28日

・読了日

・読了媒体

 空色ヒッチハイカー(新潮社)