『一瞬の風になれ』佐藤多佳子の感想

小説

『一瞬の風になれ』 佐藤多佳子著/講談社

【内容】

あさのあつこの『バッテリー』、森絵都の『DIVE!』と並び称される、極上の青春スポーツ小説。

主人公である新二の周りには、2人の天才がいる。サッカー選手の兄・健一と、短距離走者の親友・連だ。新二は兄への複雑な想いからサッカーを諦めるが、連の美しい走りに導かれ、スプリンターの道を歩むことになる。夢は、ひとつ。どこまでも速くなること。信じ合える仲間、強力なライバル、気になる異性。神奈川県の高校陸上部を舞台に、新二の新たな挑戦が始まった。

3部作の第1作に当たる本書では、新二がシーズン(春から秋)の1年目を終えるまでが描かれる。競技の初心者である新二の目を通じて、読み手も陸上のいろはが自然と身につく構成だ。見事なのは、競技中の描写。新二が走る100m、200m、400mなどを中心に、各競技のスピード感や躍動感が迫力を持って伝わってくる。特に、本書の山場とも言える4継(4人がバトンをつないで合計400mを走るリレー)では、手に汗握る大熱戦が展開される。

丁寧な人物描写も、物語に温かみを与えている。生き生きと描かれる登場人物たち、彼らが胸に抱えるまっすぐな想い。その1つひとつが、小説全体に流れる爽やかさを生み出し、読み手の心を強く揺さぶるのだ。

何かに、ひたむきに打ち込むこと。風のように疾走する新二や連を追ううちに、読者は、重たい現実を一瞬だけ忘れ、彼らと同じ風になることができるのだ。

冬のオフシーズンを経て、高校2年生に進級した新二。冬場のフォーム作りが実を結び、スピードは着実に伸びている。天才肌の連も、合宿所から逃げ出した1年目と違い、徐々にたくましくなってきた。新入部員も加わり、新たな布陣で、地区、県、南関東大会へと続く総体予選に挑むことになる。

新二や連の専門は、100mや200mのようなショートスプリント。中でも、2人がやりがいを感じているのが4継(400mリレー)だ。部長の守屋を中心に、南関東を目指してバトンワークの練習に取り組む新二たち。部の新記録を打ち立てつつ予選に臨むのだが、そこで思わぬアクシデントが・・・。

第2部に当たる本書では、人と人の繋がりに重点が置かれている。新二と連の友情、先輩・後輩の信頼関係、新二と谷口若菜の恋愛模様。第1部で個々の人物を丹念に描き、読者に感情移入をうながしているだけに、皆の気持ちが1つになっていく姿は強く胸を打つ。

特に、一人ひとりがバトンをつなげていく4継の描き方が素晴らしい。自分勝手と思えるほどマイペースな連が見せる、4継への、仲間で闘うことへの執着、意気込み。連のまっすぐな言葉に新二たちがはっとする時、その言葉は読み手の心にもストレートに届くのだ。

本書は、起承転結でいうところの、承句と転句。さまざまな事件、障害、葛藤を経て、スピードに乗った物語は、第3部のフィナーレへとなだれ込む。

高校の最終学年を迎えた新二。入部当時はまったくの素人だったが、今では県有数のベストタイムを持つまでに成長した。才能とセンスに頼り切っていた連も、地道な持久力トレーニングを積むことで、長丁場の大会を闘い抜く体力を手にしている。

100m県2位の連、4位の新二。そこに有望な新入生が加わり、部の歴史上最高級の4継(400mリレー)チームができあがった。目指すは、南関東大会の先にある、総体。もちろん、立ちふさがるライバルたちも同じく成長している。県の100m王者・仙波、3位の高梨。彼ら2人が所属するライバル校の4継チームは、まさに県下最強だ。
 
部内における人間関係のもつれ。大切な家族との、気持ちのすれ違い。そうした数々の困難を乗り越え、助け合い、支え合い、ライバルたちと競い合いながら、新二たちは総体予選を勝ち抜いていく。

前2巻の集大成である本書には、大会における競技シーンが多い。そこで読み手の感情を揺り動かすのは、それまでこつこつと積み重ねてきた人物描写だ。1,2巻を読み終える頃、物語の登場人物たちは、もはや他人ではなくなっている。新二の声を枯らした応援につられ、握りこぶしを作って声援を送る読者も多いはずだ。

その興奮、緊張感は、南関東大会でクライマックスを迎える。若きスプリンターたちが大舞台のスタートラインに立ち、ぞくぞくするようなスピード対決が、いま、スタートする。

「速くなる」
ただそれだけを目指して走る。
白い広い何もない、虚空に向かって。
春野台高校陸上部。とくに強豪でもないこの部に入部した2人のスプリンター。ひたすらに走る、そのことが次第に2人を変え、そして、部を変える。「おまえらがマジで競うようになったら、ウチはすげえチームになるよ」思わず胸が熱くなる、とびきりの陸上青春小説、誕生。

何かに夢中にだった、すべての人へ贈る青春小説

「最高だ」
直線をかっとんでいく感覚。このスピードの爽快感。身体が飛ぶんだ・・・。
少しずつ陸上経験値を上げる新二と連。才能の残酷さ、勝負の厳しさに出会いながらも強烈に感じる、走ることの楽しさ。意味なんかない。でも走ることが、単純に、尊いのだ。
「そういうレースがあるよね。きっと誰にも。一生に一回・・・みたいな」
今年いちばんの陸上青春小説、第2巻!

すべてはこのラストのために。話題沸騰の陸上青春小説

ただ、走る。走る。走る。他のものは何もいらない。
この身体とこの走路があればいい・・・
「1本、1本、全力だ」

そして、俺らはいつものように円陣を組んだ。総体に行くためだけでなく、タイムを出すためだけでなく、鷲谷と戦うためだけでなく、何より、俺たち4人でチームを組めたことのために走りたいのだった。
「この決勝走れて、どんなに嬉しいか、言葉じゃ言えねえよ」
全3巻圧倒的迫力の完結編!!

【著者紹介】

佐藤多佳子

1962年東京都生まれ。1989年、「サマータイム」で月刊MOE童話大賞を受賞しデビュー。『イグアナくんのおじゃまな毎日』で98年、産経児童出版文化賞、日本児童文学者協会賞、99年に路傍の石文学賞を受賞。

【感想】

私が読んだことのあるスポーツ小説といえば、『800』、『走れ、セナ!』『DIVE!!』『ウォーターボーイズ』ぐらいのもので、そのうち陸上を扱ったものも前半の2つしか読んだことはありませんでしたが、この小説はこれまで読んできたどれよりも優れていると思いました。

このような小説、漫画、映画でよくあるのが、現実ほどの厳しい練習を行わなかったり、主人公や仲間が超人的な能力や運を発揮して、実際のそれと比べれば容易に日本や世界のチャンピオンになってしまうということです。

本作でも類似点はあります。中学時代はサッカー部の「本番に弱い」選手だった、陸上においては素人だった主人公が、高校では県でも有数の選手になるところや、仲間や顧問、優良な環境に恵まれたことです。

私の県の中学の4継の代表が全国で優勝したことがあって、それ以後高校でも活躍する彼らの成績が新聞で度々報じられましたが、上位はいつも似たような面々であったことを思うと、彼の成長は顧問の先生の言うとおり異常であるかもしれません。

それに最後の県大会で仲の良い谷口の様子や成績が全く描かれていないことや、主要メンバー以外の登場人物の説明や描写が少なく、いきなり名前を出されて戸惑ってしまうなどの完成上に難点が見られます。特に前者は楽しみにしていただけに残念でした。それにいきなり何の説明もなく時間が飛ぶときが幾たびかみられることも混乱を招きました。

そんな作中の難点に目を瞑れば、陸上に馴染みのないものにも説明が持たれ良心的な作です。主要メンバー以外の登場人物の説明や描写が少なく、いきなり名前を出されて戸惑ってしまう、とも書いたが逆に言えばそれは主要メンバーの描写に多くのスペースが割かれていることでもありました。

本作は100mや200mのような短距離種目が中心であるが、核となるのは400メートルリレーである。4人が関わり、呼吸を合わせ、バトンを繋ぐ。ギャンブルとも比喩される花形種目です。

普段世界選手権やオリンピックで、国別対抗と言うことで目立ちはしても、個人種目の後で、素人には「おまけ」にも見られてしまいかねないこの種目に小説で注目する事は珍しい。それだけに新鮮味をもって読めるでしょう。

些細な対立や、仲間で向上し合っていく彼らの姿勢は見ていて楽しい。それがこの小説が優れていると評価されている一端でしょう。

第28回吉川英治文学新人賞受賞
第136回直木賞候補  
第4回本屋大賞受賞

・形式

小説、長篇、高校生、陸上

・あらすじ

あさのあつこの『バッテリー』、森絵都の『DIVE!』と並び称される、極上の青春スポーツ小説。

主人公である新二の周りには、2人の天才がいる。サッカー選手の兄・健一と、短距離走者の親友・連だ。新二は兄への複雑な想いからサッカーを諦めるが、連の美しい走りに導かれ、スプリンターの道を歩むことになる。夢は、ひとつ。どこまでも速くなること。信じ合える仲間、強力なライバル、気になる異性。神奈川県の高校陸上部を舞台に、新二の新たな挑戦が始まった――。

3部作の第1作に当たる本書では、新二がシーズン(春から秋)の1年目を終えるまでが描かれる。競技の初心者である新二の目を通じて、読み手も陸上のいろはが自然と身につく構成だ。見事なのは、競技中の描写。新二が走る100m、200m、400mなどを中心に、各競技のスピード感や躍動感が迫力を持って伝わってくる。特に、本書の山場とも言える4継(4人がバトンをつないで合計400mを走るリレー)では、手に汗握る大熱戦が展開される。

丁寧な人物描写も、物語に温かみを与えている。生き生きと描かれる登場人物たち、彼らが胸に抱えるまっすぐな想い。その1つひとつが、小説全体に流れる爽やかさを生み出し、読み手の心を強く揺さぶるのだ。

何かに、ひたむきに打ち込むこと。風のように疾走する新二や連を追ううちに、読者は、重たい現実を一瞬だけ忘れ、彼らと同じ風になることができるのだ。

・収録話数

・初出

書き下ろし

・刊行情報

一瞬の風になれ(講談社)

第一部 イチニツイテ

2006年8月26日

第二部 ヨウイ

2006年9月22日

第三部 ドン

2006年10月25日

一瞬の風になれ 第一部 イチニツイテ(講談社文庫)

一瞬の風になれ 第二部 ヨウイ(講談社文庫)

一瞬の風になれ 第三部 ドン(講談社文庫)

2009年7月15日

・受賞歴、ランキング

第28回吉川英治文学新人賞(小説現代、2007年4月号)

第136回直木三十五賞候補(オール讀物、2007年3月号)

2007年本屋大賞

・読了日

2008年8月18日

・読了媒体

一瞬の風になれ(講談社)