『少女には向かない職業』桜庭一樹の感想

小説

『少女には向かない職業』 桜庭一樹著/創元推理文庫

【内容】

島の夏を、美しい、とふいにあたしは思う―強くなりたいな。強くて優しい大人になりたい。力がほしい。でも、どうしたらいいのかな。これは、ふたりの少女の凄絶な“闘い”の記録。

中学2年生の1年間で、あたし、大西葵13歳は、人をふたり殺した。これは、ふたりの少女の、血の噴き出すような闘いの記録。痛切なストーリーが胸を抉る衝撃作。

【著者紹介】

桜庭一樹

1999年、「夜空に、満天の星」(『AD2015隔離都市ロンリネス・ガーディアン』と改題して刊行)で第1回ファミ通えんため大賞に佳作入選。2003年開始の『GOSICK』シリーズで多くの読者を獲得し、さらに04年に発表した『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』が高く評価され、一気に注目の存在となる。07年、『赤朽葉家の伝説』で第60回日本推理作家協会賞を受賞、直木賞候補に。

【感想】

中学2年生の1年間で、あたし、大西葵13歳は、人をふたり殺した。その一文で始まる文章は何とも言いにくい。殺人は悪いことであるだろうからです。しかしこの少女は13歳でありながら人を二人も殺したというのです。

一人目の犠牲者は少女の父親です。無職であり、またアルコール中毒であり酒を手放さない義父からは家庭内暴力に遭い、親であるより、女であることを優先する母には重荷に思われています。そのような崩壊寸前の家庭で少女は迷い、殺人を恐れ、恐怖に戦きながらも、友人の助け(というか誘い)を得て父親を間接的にしかし実際に殺すのです。

殺すのです、などということは文字にすればわずかこれだけのことですが、そこに伴う苦悩や後悔は想像もつきません。むしろつきたくない^^それなのに少女からはそれをあまり感じることができません。感じていないというわけではないし、実際にその問題を口にもしています。

最近、軽さを重視して深刻な場面を避けるような小説が多いようなこと、もしくは深刻な場面を描くと良い評価を得られないことが多いと思います。この場合の深刻というのは残酷とは異なるのですが、深刻な場面を描ききった小説は時に名作になるという事実があるのではないかと思います。販売部数で長年1位、2位を争っている、太宰の『人間失格』や漱石の『こころ』が名作の上位に挙げられるのも、それが理由の一つにあるのでしょう。

それゆえこの軽さは、ライトノベル出身の著者の癖というわけでもないでしょうが、目に付いてしまいます。少女が、『こころ』の先生のように自殺すればいいというものでは勿論ありませんが、ただ著者が読者の反感を誘うためにこのように軽く書いたというのならそれはとても良く分かるのですが。

・形式

小説、長篇、サスペンス

・あらすじ

あたし、大西葵13歳は、人をふたり殺した…あたしはもうだめ。ぜんぜんだめ。少女の魂は殺人に向かない。誰か最初にそう教えてくれたらよかったのに。だけどあの夏はたまたま、あたしの近くにいたのは、あいつだけだったから―。これは、ふたりの少女の凄絶な“闘い”の記録。『赤朽葉家の伝説』の俊英が、過酷な運命に翻弄される少女の姿を鮮烈に描いて話題を呼んだ傑作。

山口県の小さな離島の中学校に通う中学2年生・大西 葵は、クラスでは明るく友達もそこそこいる、ごく普通の少女だ。しかし家に帰れば、無職で毎日酒ばかり飲んでいる義父と、仕事で疲れて帰ってきては愚痴をこぼす母親との暮らしに苦しんでいた。学校では友達にそんな悩みを打ち明けることもできず、明るく振舞うことしかできない日々が続いていた。
やがて学校は夏休みに入った。その初日、葵は互いにゲーム好きな男友達・田中 颯太と、下関市にあるゲームセンターへ遊びに出かける。彼と別れ家に帰る途中、葵は島で迷い山羊を見つける。山羊の姿に自分の境遇を重ねた葵は、無性に怒りを覚え理由も無く山羊を殴り、痛めつけた。その時「…それぐらいにしておいてやりなよ」と声がした。振り返ると、同じクラスの女子・宮乃下 静香がそこにいた。普段はクラスでも目立たない静香だったが、葵はその時彼女の異様な存在感に気づく。静香は「今、港で水死体が見つかったから見に行かない?」と葵を誘う。
こうして、葵と静香、2人の奇妙な関係が始まった。

・収録話数

・初出

書き下ろし

・刊行情報

少女には向かない職業(東京創元社)

2005年9月

少女には向かない職業(創元推理文庫)

2007年12月23日

・読了日

2008年6月9日

・読了媒体

少女には向かない職業(創元推理文庫)