abさんご(単行本) /黒田夏子

・形式

小説、短篇集

・あらすじ

二つの書庫と巻き貝状の小べやのある「昭和」の家庭で育ったひとり児の運命。記憶の断片で織りなされた、夢のように美しい世界。第148回芥川賞受賞作。

・収録話数

abさんご

なかがき

タミエの花

・初出

abさんご  早稲田文学5号、2012年9月

虹     読売新聞、1963年7月28日

タミエの花 シジフォスNo.12(同人誌)、1968年3月

毬     シジフォスNo.13(同人誌)、1968年11月

・刊行情報

abさんご(文藝春秋)

2013年1月20日

・受賞歴、ランキング

第63回読売短編小説賞(「毬」)

丹羽文雄

第24回早稲田文学新人賞(「abさんご」早稲田文学5号)

「黒田夏子さんの『abさんご』が群を抜いて素晴らしかった」

選考委員 蓮實重彥

第148回芥川龍之介賞(「abさんご」文藝春秋、2013年3月号)

・読了日

・読了媒体

abさんご(文藝春秋)

・感想メモ

()

コメント