本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

現在試運転中です。

佐藤紅緑

佐藤 紅緑

さとう こうろく

 

 

明治7年(1874)、青森県生まれ。本名洽六。弘前中学中退後上京して陸羯南家に寄宿、羯南との縁で正岡子規を知り俳句を学ぶ。明治27年(1901)日本新聞社に入り、以後数々の新聞社を転々として記者生活を送る。明治39年戯曲『侠艶録』、小説『行火(あんか)』で注目され、文筆業への道を拓いた。幼少時からもてあますほどの激情家で、その情熱が大衆にうけ入れられ、昭和期には少年少女小説の分野でも大家となった。サトウ・ハチロー、佐藤愛子の父。昭和24年(1945)没。

 

 

1901年

11月「従軍記者決死隊」

「滑稽俳句集」

 

 

1902年

4月「俳句小史」

 

 

1903年

「芭蕉論稿」

 

 

1904年

3月「俳諧紅緑子」「蕪村俳句評釈」

 

 

1906年

1月「俳句作法」

3月「古句新註」

 

 

1908年

2月「あん火」「紅緑日記」

3月「地蔵子」「死人」

4月「嘘」『榾(ほだ)』

 

 

1910年

1月「都俳句」

8月「桜田門外雪の曙」

 

 

1912年

1月「侠艶録」

「霧」

 

 

1913年

「礎 武士道皷吹新派浪花節」

「潮」

「赤い玉」

「雲乃響」

「谷底」

『侠艶録』

 

 

1914年

「十七の頃」

「嵐」

「紅緑脚本集」

 

 

1915年

「光の巷」

「鳩の家」

 

 

1916年

「虎公」

「母と子」

 

 

1917年

「日の出る国」

「桜の家」

「孔雀草」

 

 

1919年

「黄金」

「春の流」

「夕千鳥」

「咲く花散る花」

 

 

1920年

「乳房」

「結婚前後」

「微笑」

 

 

1921年

「何処まで」

「大盗伝」

 

 

1922年

「ワンワン物語」

「美しき人々」

「大慈大悲」

「荊の冠」

 

 

1926年

「楽園の扉」

「幸福物語」

 

 

1927年

5月あゝ玉杯に花うけて

「富士に題す」

「第一歩」

 

 

1928年

「戯曲キリスト」

「東西婦人観」

「町の人々」

「桜田門外血染の雪 井伊大老と水戸浪士」

 

 

1929年

3月「紅顔美談」「毬の行方」

5月「少年賛歌」

 


1930年

「朝の雲雀」

「麗人」

「富士に題す」

 

 

1931年

「野に叫ぶもの」

「一直線」

「夾竹桃の花咲けば」

 

 

1932年

「新たに芽ぐむもの」

 

 

1933年

3月「少年聯盟

「麗はしき母」

 

 

1935年

「英雄行進曲」

「絹の泥靴」

 

 

1936年

5月「あの山越えて」

12月「英雄行進曲 出世篇」

 

 

1937年

7月「手に手をとつて」

 

 

1938年

2月「黒將軍快々譚」

 

 

1939年

1月「花咲く丘へ」

「街の太陽」

「美しき港」

 


1940年

5月「滿潮」

 

 

1942年

11月「朝日の如く」

「英雄群像」

 

 

1943年

「花紅柳緑」

 

 

1948年

「緑の天使」

「少年行進曲」

「節操の境界線」

 

 

1950年

「紅緑句集」

 

 

1967年

花はくれない-小説・佐藤紅緑

 

 

2001年

血脈

 

 

2002年

6月『佐藤紅緑 子規が愛した俳人