本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

現在試運転中です。

エコエコアザラク /古賀新一

・形式

漫画、長編、ホラー、魔女、中学生、オカルト

 

 

・あらすじ

黒魔術を操る美少女・黒井ミサ。「エコエコアザラク」の呪文が響く時、街で、教室で、何かが起こる……。オカルトミステリーの金字塔がついに登場!

 

黒魔術を駆使する若い魔女・黒井ミサ(くろいミサ)を主人公とし、ミサに関わる奇怪な事件、人々の心の闇を描く。原作の黒井ミサは、善人であれ悪人であれ場合によっては人を平気で惨殺する非情な魔女として登場、特に自分に対する性犯罪者に対しては容赦ない場面がたびたび描かれた。

 

ミサは魔女としての残忍さと普通の中学生(続編では高校生)としての可愛らしさを併せ持つ得体の知れないキャラクターであるが、回が進むにつれ、比較的明るい性格の娘へと変化していった。当初は怪異を起こす「加害者」としての立場が多かったが、連載後半では怪事件に巻き込まれる「被害者」になることも多くなった。しかし、基本的には邪悪さを隠し持ったダークヒロインであった。

 

 

・収録話数

 

 

・初出

週刊少年チャンピオン、1975年9月1日号~1979年4月9日号

 


・刊行情報

全19巻

 

ザ・ホラーコミックス、角川書店、全10巻

エコエコアザラク 1(1998年7月10日)

エコエコアザラク 2(1998年)

エコエコアザラク 3(1998年)

エコエコアザラク 4(1998年)

エコエコアザラク 5(1998年)

エコエコアザラク 6(1998年)

エコエコアザラク 7(1998年12月1日)

エコエコアザラク 8(1998年12月1日)

エコエコアザラク 9

エコエコアザラク 10

 

 

・読了日

2018年5月6日

 


・読了媒体

エコエコアザラク(ザ・ホラーコミックス)

初版

 


・感想メモ

因果応報というか、復讐めいた話も多いとはいえ、中学生の黒井ミサがばっさばっさと人を殺して行くのにはびっくりした。悪魔に魂を売ったらしいけど…(2018.05.06)