本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

現在試運転中です。

無職強制収容所 1 /昭伶

・形式

漫画、長編、監獄、近未来

 

 

・あらすじ

2022年、非労働者再生法が成立した日本。
6カ月を超えて収入のない者は、再生処置施設で脳のリライト処置を受ける。
外資系投資会社に勤めていた神条達也は、ある日、職を失う。
しかし6カ月後、達也が送られたのは再生施設ではなく強制収容所だった。
そこでは、異常な訓練と洗脳、啓発が行われていた。達也なぜ、そこに送られたのか――
2016年エブリスタホラー大賞受賞作品!

 

 

・収録話数

第1話~第4話

 

 

・初出

描き下ろし

 


・刊行情報

無職強制収容所 1(アクションコミックス)

2016年7月

 

 

・原作者

鎌倉敦史

 

 

・受賞歴、ランキング

2016年エブリスタホラー大賞

 


・読了日

2018年7月9日

 


・読了媒体

無職強制収容所 1(アクションコミックス)

eBookJapan

 


・感想メモ

働いていなかったり、定期的な収入のない人が収容所に送られ、非人道的な訓練や洗脳を受ける。その中で数人は正気を失わず、異常性に不信感を抱き脱出を画策する。といった感じで1巻は終了。現実でも旧東側諸国であったりしそう…(2018.07.09)