本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

現在試運転中です。

佐藤史生

佐藤 史生

さとう しお

 

 

宮城県登米市出身。24年組、ポスト24年組に数え上げられる。ペンネームは「砂糖・塩」の語呂合わせで、佐藤が竹宮惠子のアシスタントを務めていたときに竹宮が口にした「ソルティ・シュガー」という言葉を、デビューが決まった際に急遽思い出し、使ったものと言われる。1977年に「恋は味なもの!?」(『別冊少女コミック』)でデビュー。代表作に『夢みる惑星』、『ワン・ゼロ』など。

 

 

1976年

「一角獣にほほえみを」

 

 

1977年

2月「恋は味なもの!?」

5月「星の丘より」「スフィンクスより愛をこめて」

11月「青い犬」

「マは魔法のマ」

 

 

1978年

4月「金星樹」「春を夢見し」

6月「一角獣の森で」

8月「花咲く星ぼしの群れ」

10月「レギオン」

 

 

1979年

4月「ミッドナイトフィーバー」

6月「透明くらぶ」

7月「天使の繭」

8月「ふりかえるケンタウロス」

『金星樹』

 

 

1980年

1月「阿呆船」

11月「美女と野獣」

『春を夢見し』

夢みる惑星

 

 

1981年

7月「雨男」

11月「死せる王女のための孔雀舞」

 

 

1982年

2月「馬祀祭」

5月『夢みる惑星 1』「さらばマドンナの微笑」

8月「この貧しき地上に」

10月「夢食い」「ハヌマンを探して」

12月『夢みる惑星 2』「我はその名も知らざりき」

 

 

1983年

4月「おまえのやさしい手で」

7月『夢みる惑星 3』

10月「天界の城」「青猿記」

『死せる王女のための孔雀舞-七生子シリーズ-』

 

 

1984年

4月「雨の竜」

7月『夢みる惑星 4(完)』

10月「ワン・ゼロ」

12月「一陽来復」

『阿呆船』

 

 

1985年

6月『ワン・ゼロ 1』

8月「A(アレフ)」

9月「バナナ・トリップに最良の日」

10月『ワン・ゼロ 2』

12月「羅陵王」

『この貧しき地上に』

 

 

1986年

4月『ワン・ゼロ 3』「タイマー」

10月『ワン・ゼロ 4(完)』

12月「ムーン・チャイルド-月の子-」「まさかのときのハーレクイン・ロマンス」

 

 

1987年

4月「打天楽」

6月「やどり木」

8月「緑柱庭園」

9月「楕円軌道ラプソディ」

11月「タオピ」

『打天楽』

 

 

1988年

7月「まるたの女」

8月「精霊王」

『羅陵王』

『やどり木』

 

 

1989年

1月「塵の天使」

3月「チェンジリング」

5月「ネペンティス」

7月「オフィーリア探し」

『チェンジリング』

『精霊王』

「アシラム」

 

 

1991年

9月「竜の姫君」

 

 

1994年

7月「鬼追うもの」

 

 

1995年

1月「神遣い」

『鬼追うもの』

 

 

1997年

1月「バビロンまで何マイル」

 

 

1998年

11月「心臓のない巨人」

 

 

1999年

『心臓のない巨人』

 

 

2000年

1月「魔術師さがし」

『魔術師さがし』

「魔術師さがし/番外編 ~暗喩、換喩または擬人的表現」

 

 

2001年

7月「佐藤史生先生インタビュー

 

 

関連項目

佐藤史生展ご報告