本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

現在試運転中です。

1Q84 BOOK1 /村上春樹

・形式

小説、長篇

 


・あらすじ

1Q84年――私はこの新しい世界をそのように呼ぶことにしよう、青豆はそう決めた。Qはquestion markのQだ。疑問を背負ったもの。彼女は歩きながら一人で肯いた。好もうが好むまいが、私は今この「1Q84年」に身を置いている。私の知っていた1984年はもうどこにも存在しない。……ヤナーチェックの『シンフォニエッタ』に導かれ、主人公青豆と天吾の不思議な物語がはじまる。

 


・収録話数

第1章 青豆 見かけにだまされないように

第2章 天吾 ちょっとした別のアイデア

第3章 青豆 変更されたいくつかの事実

第4章 天吾 あなたがそれを望むのであれば

第5章 青豆 専門的な技能と訓練が必要とされる職業

第6章 天吾 我々はかなり遠くまで行くのだろうか?

第7章 青豆 蝶を起こさないようにとても静かに

第8章 天吾 知らないところに行って知らない誰かに会う

第9章 青豆 風景が変わり、ルールが変わった

第10章 天吾 本物の血が流れる実物の革命

第11章 青豆 肉体こそが人間にとっての神殿である

第12章 天吾 あなたの王国が私たちにもたらされますように

第13章 青豆 生まれながらの被害者

第14章 天吾 ほとんどの読者がこれまで目にしたことのないものごと

第15章 青豆 気球に碇をつけるみたいにしっかりと

第16章 天吾 気に入ってもらえてとても嬉しい

第17章 青豆 私たちが幸福になろうが不幸になろうが

第18章 天吾 もうビッグ・ブラザーの出てくる幕はない

第19章 青豆 秘密を分かち合う女たち

第20章 天吾 気の毒なギリヤーク人

第21章 青豆 どれほど遠いところに行こうと試みても

第22章 天吾 時間がいびつなかたちをとって進み得ること

第23章 青豆 これは何かの始まりに過ぎない

第24章 天吾 ここではない世界であることの意味はどこにあるのだろう

 

 

・初出

書き下ろし

 


・刊行情報

1Q84 BOOK1(新潮社)

2009年5月30日

 

1Q84 BOOK 1<4月-6月> 前編後編(新潮文庫) 

2012年4月

 

 

・受賞歴、ランキング

「2009年年間ベストセラー」(トーハン)総合1位

第63回毎日出版文化賞 文学・芸術部門

2013年国際IMPACダブリン文学賞ノミネート

 


・読了日

不明

 


・読了媒体

1Q84 BOOK1(新潮社)

17刷

 


・感想メモ

()