デイヴィッド・ミッチェル


David Mitchell


 


 


1969年、イギリス・サウスポート生まれ。ケント大卒。広島で8年間英語教師を務め、帰国。デビュー長篇GHOSTWRITTEN(’99)がA・S・バイアットに激賞されるなど高い評価を受け各賞受賞。2001年、『ナンバー9ドリーム』を刊行し、ブッカー賞の最終候補となる。2003年には文芸誌グランタのBest of Young British Novelists 20のひとりに選ばれ、2004年、第3作CLOUD ATLASが最有力候補としてふたたびブッカー賞最終候補に。2006年、BLACK SWAN GREENを刊行、やはりブッカー賞候補となる。イタロ・カルヴィーノ、村上春樹、ジョン・バンヴィル、ウラジミール・ナボコフの影響を受けたと語る、イギリス文学界で最も注目される作家。


 


 


1999年


「Ghostwritten」


 


 


2001年


ナンバー9ドリーム(number9dream)


 


 


2004年


「クラウド・アトラス(Cloud Atlas)」


 


 


2006年


「Black Swan Green」


 


 


2010年


「出島の千の秋(The Thousand Autumns of Jacob de Zoet)」


 


 


2014年


「The Bone Clocks」


 


 


関連項目


http://www.davidmitchellbooks.com/