・形式


小説、長篇、アクション


 



・あらすじ


「つまらない部活です」ひねくれた紹介文を見て、佐々木一兎は映画部に興味を持った。家の事情で二カ月遅れの高校生活を始めた一兎は、期待と不安を抱いて部室を訪れる。そこにいたのは、オモチャの拳銃を持って踊る長谷川志甫と、傍若無人な工藤尾褄。一兎を「君にはすることがない」と追い返すのだった。失意の一兎は帰り道、志甫と共に何者かから巨大な武器で襲われる。彼女を助けたい一心の一兎は“ある能力(パラベラム)”に目覚めて!?サイコアクション登場。


 



・収録話数


 



・初出


 



・刊行情報


疾走する思春期のパラベラム(ファミ通文庫)


2006年9月


 


 


・読了日


2007年?


 



・読了媒体


疾走する思春期のパラベラム(ファミ通文庫)


 



・感想メモ


()