・形式


小説


 



・あらすじ


そこにいるだけで空気が華やぐような綺麗な少女、雛田香奈実。彼女にうっかり一目惚れした僕が演劇部に入部してしまってから数カ月、文化祭公演のための台本を選ぶ時期がやってきた。現役の演劇部部員は僕と雛田を含め、一年生五人きり。僕たち五人にはそれぞれ想い人がいたりいなかったりしたのだけれど、部室で見つけた、ぼろぼろの『ロミオとジュリエット』の台本を使うことに決めたときから、五人の心に奇妙な変化が起こり始め―。これは、「すき」と言えない高校生の揺れる思いを描く、ちょっと怖い物語。


 



・収録話数


 



・初出


 



・刊行情報


ロミオの災難(電撃文庫)


2008年1月


 


 


・読了日


2009年8月1日


 



・読了媒体


ロミオの災難(電撃文庫)


 



・感想メモ


()