本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

現在試運転中です。

狼と香辛料 /支倉凍砂

・形式

小説、長篇

 


・あらすじ

旅の青年行商人クラフト・ロレンスは、商取引のために訪れたパスロエ村を後にした夜、荷馬車の覆いの下に眠る1人の密行者を見付ける。それは「ヨイツの賢狼」ホロと名乗る、狼の耳と尻尾を持つ少女であった。

ホロは遙か北の故郷「ヨイツ」を離れての放浪の中、パスロエ村の麦に宿った狼であった。ホロは神と呼ばれ、長年村の麦の豊作に尽くしていたが、農業技術の進歩によって、自分がないがしろにされるのを感じ、望郷の念を募らせていた。そしてついに収穫祭の日、通りかかった荷馬車の麦束に乗り移って村を脱出したのであった。

少女が狼の化身であることを知ったロレンスは、彼女を旅の供に迎えた。2人は行商の途中、様々な騒動に巻き込まれながら、ホロの故郷を目指して旅をすることになる。

 


・収録話数

 


・初出

 


・刊行情報

狼と香辛料(電撃文庫)

2006年2月

 

 

・受賞歴、ランキング

第12回電撃小説大賞銀賞

 


・読了日

不明

 


・読了媒体

狼と香辛料(電撃文庫)

 


・感想メモ

()