本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

現在試運転中です。

温室デイズ /瀬尾まいこ

・形式

小説

 


・あらすじ

今最注目の作家が贈る、痛くて沁みる極上青春小説。
トイレでタバコが発見される。遅刻の人数が増える。これらの始まりの合図に教師たちはまだ気づかない。私たちの学校が崩壊しつつあることを。私には一体何が出来るのだろうか……。心に染みる極上青春小説。


教室に紙飛行機が飛びはじめる。始まりの合図だ。もうすぐ崩れだす。でも、教師はまだ気づかない。日本の平和ボケは、学校の場でも存分に発揮されている。生温い方法では、もう追いつかなくなってしまうのだ。「今なら、なんとかなるはずだよ」。私は祈るような気持ちで崩れていく学校を見ていた…。この温室のどこかに、出口はあるのだろうか―。ふたりの少女が起こした、小さな優しい奇跡。ひりひりと痛くて、じんじんと心に沁みる。『幸福な食卓』の気鋭が贈る、とびきりの青春小説。

 


・収録話数

 


・初出

 


・刊行情報

温室デイズ(角川書店)

2006年7月

 

温室デイズ(角川文庫)

2009年6月

 

 

・読了日

2008年1月17日

 


・読了媒体

温室デイズ(角川書店)

 


・感想メモ

()