本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

現在試運転中です。

屍者の帝国 /伊藤計劃、円城塔

・形式

小説、長篇、SF

 


・あらすじ

屍者の帝国 伊藤計劃×円城塔 | 河出書房新社

屍者化の技術が全世界に拡散した19世紀末、英国秘密諜報員ワトソンの冒険が始まる。未完の絶筆を円城塔が完成させた超話題作。


屍者復活の技術が全欧に普及した十九世紀末、医学生ワトソンは大英帝国の諜報員となり、アフガニスタンに潜入。その奥地で彼を待ち受けていた屍者の国の王カラマーゾフより渾身の依頼を受け、「ヴィクターの手記」と最初の屍者ザ・ワンを追い求めて世界を駆ける―伊藤計劃の未完の絶筆を円城塔が完成させた奇蹟の超大作。

 


・収録話数

 


・初出

書き下ろし

 


・刊行情報

屍者の帝国(河出書房新社)

2012年8月

 

屍者の帝国(河出文庫)

2014年11月

 

 

・受賞歴、ランキング

第33回日本SF大賞・特別賞

第44回星雲賞日本長編部門

第2回SUGOI JAPAN Awardエンタメ小説部門1位

 

 

・読了日

2015年9月6日

 


・読了媒体

屍者の帝国(河出書房新社)

 


・感想メモ

おもしろかったが、伊藤計劃ではなく円城塔の小説だった。残念と言うよりも伊藤計劃が書いたらどのようになっていたのか…(2018.06.14)