本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

現在試運転中です。

明日の夜明け /時無ゆたか

・形式

小説

 


・あらすじ

次々とおこる殺人は蘇る死者のしわざか? 学校をとりまく悪意の正体とは?

激しい地震ののち触れただけで激痛がはしる霧に囲まれた夜見月高校。そこに閉じこめられた功たちは何とか脱出の方法を探るが、彼らの行く手には蠢く緑色の死体が待ち受けていた…。第6回スニーカー大賞優秀賞作品。


一週間後に文化祭を控えた夜見月高校。早宮功も展示の準備を終え帰宅しようとした時、校舎を大地震が襲った。崖崩れのうえに電話も不通、さらに触れただけで激痛がはしる霧のため校舎は陸の孤島に。功たちは脱出方法を探すが3年生の松原や教師尾造を死体で発見してしまう。この校舎の中に殺人鬼が!?パニックに陥る生徒たち。しかしそのなかで、ある少女の姿を思い浮かべる女生徒がいた。第6回スニーカー大賞優秀賞受賞。

 


・収録話数

 


・初出

新人賞受賞作品

 


・刊行情報

明日の夜明け(角川スニーカー文庫)

2001年11月

 

 

・受賞歴、ランキング

第6回スニーカー大賞優秀賞

 


・読了日

不明

 


・読了媒体

明日の夜明け(角川スニーカー文庫)

 


・感想メモ

()