・形式


小説、長篇、ミステリー


 



・あらすじ


思慮深かった中学二年の息子・優馬がマンションから飛び降り、自殺を遂げた。動機を見出せなかった父親の青木は、真相を追うべく、同級生たちに話を聞き始めるが…。“子供の論理”を身にまとい、決して本心を明かさない子供たち。そして、さらに同級生が一人、また一人とビルから身を投げた。「14歳」という年代特有の不可解な少年の世界と心理をあぶり出し、衝撃の真相へと読者を導く、気鋭による力作長編ミステリー。


 



・収録話数


 



・初出


 



・刊行情報


天使の屍(角川書店)


1996年11月


 


天使の屍(角川文庫)


2000年5月


 


天使の屍(集英社文庫)


2009年2月


 


 


・読了日


2008年3月19日


 



・読了媒体


天使の屍(角川文庫)


 



・感想メモ


()