本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

現在試運転中です。

ぼくらのサイテーの夏 /笹生陽子

・形式

小説、小学生

 


・あらすじ

いま注目の著者 珠玉のデビュー作
第30回日本児童文学者協会新人賞 第26回児童文芸新人賞 ダブル受賞作

小学6年生の少年たちの、ひと夏の物語
みずみずしく甘酸っぱく、そして誰もが思い出す あの頃の苦々しさ

1学期の終業式の日、ぼくは謎の同級生、栗田に「階段落ち」の勝負で負けた。ケガをしたうえ、夏休みのプール掃除の罰まで下された。よりによって、あの栗田とふたりきりで……。サイテーの夏がはじまった。友情、家族、社会などを少年の目線で描いた、児童文学界注目の著者、珠玉のデビュー作。

 

 

・収録話数

 


・初出

 


・刊行情報

ぼくらのサイテーの夏(講談社)

1999年6月

 

ぼくらのサイテーの夏(青い鳥文庫)

 

ぼくらのサイテーの夏(講談社文庫)

2005年2月

 

 

・受賞歴、ランキング

第30回日本児童文学者協会新人賞

第26回児童文芸新人賞

 


・読了日

2009年2月6日

 


・読了媒体

ぼくらのサイテーの夏(講談社文庫)

 


・感想メモ

()