・形式


小説


 



・あらすじ


祖母が遺した古い家に女が四人、私たちは共同生活を始めた。糸を染め、機を織り、庭に生い茂る草が食卓にのる。静かな、けれどたしかな実感に満ちて重ねられてゆく日々。やさしく硬質な結界。だれかが孕む葛藤も、どこかでつながっている四人の思いも、すべてはこの結界と共にある。心を持つ不思議な人形「りかさん」を真ん中にして――。生命の連なりを支える絆を、深く心に伝える物語。


 



・収録話数


 



・初出


 



・刊行情報


からくりからくさ(新潮社)


1999年5月


 


からくりからくさ(新潮文庫)


2001年12月


 


 


・読了日


不明


 



・読了媒体


からくりからくさ(新潮文庫)


 



・感想メモ


()