・形式


小説、長篇


 



・あらすじ


1911年、上海。服役中の刑務所で暗殺者に命を狙われた日本人詐欺師・伊沢修は、同房の中国人・関(グアン)に助けられる。その夜、伊沢は革命家である関からある計画への協力を要請された。それは、革命のための武器の調達。それも、騙し、奪い取る。そのターゲットは日本陸軍参謀次長――。暗殺者から身を守ることを交換条件としてこの企てに加担した伊沢は、刑務所を抜け出し、執拗な暗殺者の追走を受けつつ、関たちとともに壮大な計画を進めていく。騙し騙されるサスペンスフルなコン・ゲームとスピード感、全選考委員の大絶賛を受けて第19回横溝正史賞を受賞した超大作!


 



・収録話数


 



・初出


 



・刊行情報


T.R.Y.(角川書店)


1999年8月


 


T.R.Y.(角川文庫)


2001年5月


 


 


・受賞歴、ランキング


第19回横溝正史賞*1


綾辻行人


内田康夫


北村薫


宮部みゆき


 


 


・読了日


不明


 



・読了媒体


T.R.Y.(角川文庫)


 



・感想メモ


()


*1:現、横溝正史ミステリ大賞