・形式


小説、女子高生


 



・あらすじ


大人でも子供でもない、どっちつかずのもどかしい時間。まだ、恋の匂いにも揺れる17歳の日々―。背伸びした恋。心の中で発酵してきた甘い感情。片思いのまま終ってしまった憧れ。好きな人のいない放課後なんてつまらない。授業が終った放課後、17歳の感性がさまざまな音符となり、私たちだけにパステル調の旋律を奏でてくれる…。女子高生の心象を繊細に綴る8編の恋愛小説。


 



・収録話数


 



・初出


 



・刊行情報


放課後の音符(新潮社)


1989年


 


放課後の音符(新潮文庫)


1995年


 


放課後の音符(角川文庫)


 


 


・読了日


不明


 



・読了媒体


放課後の音符(新潮文庫)


 



・感想メモ


()