・形式


小説、長篇、恋愛、高校生


 



・あらすじ


日本中を涙させた大ベストセラー!


高校2年生の朔太郎と、恋人のアキ。アキの死から、物語は始まる。ふたりの出会い、無人島への旅、そしてアキの発病、入院……。最愛の人を失うとは、どういうことなのか。日本中を涙させたラブストーリー。



「ぼくにとってアキのいない世界はまったくの未知で、そんなものが存在するのかどうかさえわからないんだ」「大丈夫よ。わたしがいなくなっても世界はありつづけるわ」朔太郎とアキが出会ったのは、中学2年生の時。落ち葉の匂いのファーストキス、無人島でのふたりきりの一夜、そしてアキの発病、入院。日に日に弱っていくアキをただ見守るしかない朔太郎は、彼女の17歳の誕生日に、アキが修学旅行で行けなかったオーストラリアへ一緒に行こうと決意するが―。好きな人を失うことは、なぜ辛いのか。321万部空前のベストセラー。


 



・収録話数


 



・初出


 



・刊行情報


世界の中心で、愛をさけぶ(小学館)


2001年4月


 


世界の中心で、愛をさけぶ(小学館文庫)


2006年


 


世界の中心で、愛をさけぶ(小学館ジュニア文庫)


2014年


 


 


・読了日


不明


 



・読了媒体


世界の中心で、愛をさけぶ(小学館)


 



・感想メモ


()