・形式


漫画、長編、古典


 



・あらすじ


又吉直樹氏 大絶賛!!


 「尊敬する武富先生が描く『雨月物語』。やはり最高だった。」


 「新作を発表するたびに、僕を熱狂させてくれる武富健治さんが、『雨月物語』をお描きになる。それだけで静かに興奮していたが、素晴らしかった。上田秋成が込めた熱を武富先生の絵によって知ることができた。それにしても、人間というものは凄まじい。


 「怨念」や「憐憫」や「懊悩」や「情愛」といった特別な強さを持った感情こそが、想像性の高い物語を生み出す根源であることを思い知らされた。傑作です。」


 上田秋成が書き上げてから推敲に8年かけた『雨月物語』を文藝漫画家・武富健治が同じく8年かけて漫画訳に挑んだ意欲作! 重厚な筆致が幻想怪奇文学の古典に新たな生命を吹き込む!


 


 


・収録話数


序(漢文 書き下し)


序(現代語訳)


壱 白峯


弐 菊花の約


参 浅茅が宿


肆 夢応の鯉魚


伍 仏法僧


陸 吉備津の釜


漆 蛇性の婬 前編


漆 蛇性の婬 後編


*1 青頭巾


玖 貧福論


 あとがき


 漫画訳における覚え書


 解説


 参考文献


 


 


・初出


壱 白峯 ユリイカ、2012年1月号


 



・刊行情報


漫画訳 雨月物語(PHP研究所)


2016年8月3日


 


 


・原作者


上田秋成


 


 


・読了日


 



・読了媒体


漫画訳 雨月物語(PHP研究所)


第1版第1刷


 



・感想メモ


()


*1:木へんに別。捌ではない