・形式


漫画、アンソロジー、ホラー


 



・あらすじ


日本を代表する九人の巨匠たちが紡ぎ出す、「聖なる恐怖」。名作中の名作を厳選。収録作家=手塚治虫・美内すずえ・諸星大二郎・日野日出志・丸尾末広・内田春菊・花輪和一・永井豪・萩尾望都(小林恭二)


 



・収録話数


バイパスの夜   手塚治虫


白い影法師    美内すずえ


小人怪      諸星大二郎


はつかねずみ   日野日出志


電気蟻      丸尾末広


雨の日は嫌い   内田春菊


怨焔       花輪和一


霧の扉      永井豪


かわいそうなママ 萩尾望都


 解説      小林恭二


 


 


・初出


バイパスの夜   週刊ポスト、1969年10月10日号


白い影法師    ミミ、1977年10月号


小人怪      漫画アクション、1988年1月5日号


はつかねずみ   少年画報、1970年15号~17号


電気蟻      東京おとなクラブ、1986年


雨の日は嫌い   月刊ハロウィン、1989年7月号


怨焔       漫画アクション増刊「スーパーフィクション」、1979年頃加筆


霧の扉      週刊少年マガジン、1973年5月13日号


かわいそうなママ 別冊少女コミック、1971年3月号


 


 


・刊行情報


HOLY(角川ホラー文庫)


1993年12月24日


 


 


・読了日


2018年6月5日


 



・読了媒体


HOLY(角川ホラー文庫)


3版


 



・感想メモ


諸星大二郎の「小人怪」と日野日出志「はつかねずみ」が良かった。「小人怪」は諸星大二郎っぽい伝奇風の短編で怖いというよりおもしろいといった感じ。日野日出志「はつかねずみ」は本格的に不気味な話でどんどん家族が追い詰められていく様が怖かった。解説にもあるように僕も「家から何故逃げ出さないのか」と思ったが、「実際は逃げ出したくない」らしい。この辺りまでは読み込めなかった。(2018.06.05)