本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

現在試運転中です。

国木田独歩

国木田 独歩

くにきだ どっぽ

 

 

1888年

「群書ニ渉レ」

 

 

1889年

11月「野望論」

 

 

1991年

1月「明治廿四年日記」「近松の傑作」

8月「吉田松陰及び長州先輩に関して」

 

 

1892年

5月「親戚」

8月「痛言悲歌」

10月「民友記者徳富猪一郎氏」

11月「田家文学とは何ぞ」「家庭小話其一」

12月「家庭小話其二」

 

 

1893年

1月「人間」「『議会』文学」「不知庵訳『罪と罰』」「二十三階堂主人に与ふ」「家庭小話其三」

2月「欺かざるの記」「小学生徒」

3月「家庭小話第四」

4月「養子」

5月「家庭小話第五」

6月「家庭小話第六」

8月「奢侈」

 

 

1894年

2月「家庭の福音」

5月「竹取物語」

6月「梶原景時」

9月「我が知る少女の事を記す」

10月「わが土曜日の夜」「愛弟通信」

11月「頭巾二つ」

 

 

1897年

8月「源叔父」

 

 

1898年

1月「武蔵野」

4月「忘れえぬ人々」

6月「死」

7月「二少女」

8月「河霧」「鹿狩」

 

 

1900年

8月「遺言」

10月「郊外」「初恋」

12月「置土産」「小春」「初孫」

 

 

1901年

5月「帰去来」

11月「牛肉と馬鈴薯」

 

 

1902年

2月「巡査」

6月「湯ヶ島より」「非凡人」

7月「富岡先生」「少年の悲哀」

10月「鎌倉夫人」

11月「酒中日記」

 

 

1903年

3月「運命論者」

10月「正直者」

12月「女難」

 

 

1904年

「春の鳥」

 

 

1907年

12月「渚」

 

 

1908年

1月「竹の木戸」「二老人」

 

 

関連項目

作家別作品リスト:国木田 独歩