・形式


小説、長篇、ミステリ


 



・あらすじ


『チーム・バチスタの栄光』(海堂尊著)以来の選考委員即決、第9回『このミス』大賞受賞、乾緑郎(いぬい・ろくろう)のデビュー作! 著者は、朝日時代小説大賞でも『忍び外伝』で大賞を受賞。新人賞2冠を果たすという大型新人の登場です。
少女漫画家の和淳美は、植物状態の人間と対話できる「SCインターフェース」を通じて、意識不明の弟と対話を続けるが、淳美に自殺の原因を話さない。ある日、謎の女性が弟に接触したことから、少しずつ現実が歪みはじめる。映画「インセプション」を超える面白さと絶賛された、謎と仕掛けに満ちた物語。


 



・収録話数


全12章


 



・初出


投稿作品


 



・刊行情報


完全なる首長竜の日(宝島社)


2011年1月


 


完全なる首長竜の日(宝島社文庫)


2012年1月27日


 


 


・受賞歴、ランキング


第9回『このミステリーがすごい!』大賞


 


『ミステリが読みたい!』2012年版第19位


 


第43回星雲賞日本長編部門参考候補


 


 


・読了日


 



・読了媒体


完全なる首長竜の日(宝島社文庫)


第1刷


 



・感想メモ


()