・形式


小説、長篇


 



・あらすじ


マジックリアリスト、エリクソンの幻想的描写が次々に繰り広げられるあまりに魅力的な代表作。空間のよじれの向こうのに見えるもの。解説 谷崎由依



幻覚的描写が次々に繰り広げられる圧倒的に魅力的な小説。空間のよじれの向こうに、もう一つの“アメリカ”が立ち現れる。第一部は仮釈放されて図書館で働くケール、第二部は南米のジャングルで生まれ育ったキャサリン、第三部は「もうひとつの数」の発見から物語は始まる。そしてどことも知れない場所へ。T.ピンチョン絶賛の著者の、代表作!


 


 


・収録話数


第一部


第二部


第三部


 訳者あとがき


 


 


・初出


 



・刊行情報


ルビコン・ビーチ(筑摩書房)


1992年1月20日


 


ルビコン・ビーチ (ちくま文庫)


2016年11月


 


 


・翻訳者


島田雅彦


 


 


・読了日


 



・読了媒体


ルビコン・ビーチ(筑摩書房)


初版第2刷


 



・感想メモ


()