小説とか漫画とか映画とか創作とか日記とか

本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

現在試運転中です。広告は自動設定なんですけどよく分からない場所に置かれるな…

コンビニ・ララバイ /池永陽

・形式

小説、連作短編、コンビニ

 


・あらすじ

この店には、やさしさもそろっています。
妻子を亡くした幹郎が経営するコンビニ・ミユキマート。店には傷ついた人が集まり、そこでの交流を通していつしか癒されていく。本の雑誌が選ぶ2002年上半期ベスト1作品。(解説・北上次郎)


小さな町の小さなコンビニ、ミユキマート。オーナーの幹郎は妻子を事故で亡くし、幸せにできなかったことを悔やんでいた。店には、同じように悩みや悲しみを抱えた人が集まってくる。堅気の女性に惚れてしまったヤクザ、声を失った女優の卵、恋人に命じられ売春をする女子高生…。彼らは、そこで泣き、迷い、やがて、それぞれの答えを見つけていく―。温かさが心にしみる連作短編集。

 


・収録話数

 


・初出

 


・刊行情報

コンビニ・ララバイ(集英社)

2002年6月

 

コンビニ・ララバイ(集英社文庫)

2005年6月

 


・受賞歴、ランキング

本の雑誌が選ぶ2002年上半期ベスト1

 


・読了日

2008年1月12日

 


・読了媒体

コンビニ・ララバイ(集英社)

 


・感想メモ

()