・形式


漫画、連作短編、散歩、食


 



・あらすじ


文具メーカー勤務のサラリーマン・上野原が、勤務中や休日に歩いた都内の風景の数々。北品川、目白、吉祥寺、井の頭公園…。ふと目にとまった出来事を淡々と描くことが、ここまで上質な人間ドラマを生み出した。「孤独のグルメ」の黄金コンビが贈る、極上のエッセイ風コミック。


 



・収録話数


第一話 エジソン電球


第二話 品川の雪駄


第三話 古絵本


第四話 ヒッピー祭り


第五話 真夜中のゴーヤ


第六話 犬と軟球


第七話 ハーモニカ横町


第八話 目白のかき餅


散歩ものの原作作業 あとがきにかえて


原作うらばなし 


 



・初出


通販生活、2000年夏号~2002年春号


 



・刊行情報


散歩もの(フリースタイル)


2006年


 


散歩もの(扶桑社文庫)


2009年10月30日


 



・原作者


久住昌之


 



・読了日


2018年3月7日


 



・読了媒体


散歩もの(扶桑社文庫)


 



・感想メモ


孤独のグルメのコンビで作風も似通っているものの、今作のテーマは食に限らず「散歩」。でも途中でぶらりと街中の店に入って食事をしたりするところは一緒。こういう漫画を読むと真似して、ごちゃごちゃと路地が入り込んでいるような街を散歩してみたくなる。(2018.03.07)