本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

現在試運転中です。

あかねさす 新古今恋物語 /加藤千恵

・形式

小説、短篇集、和歌

 


・あらすじ

miwaさん推薦!!
「和歌に込めた想いを現代へと導く胸キュンストーリーに感動です! 」

 

恋する想いは、今も昔も変わらない----
あの紫式部や在原業平のみやびな“恋うた" をもとに、
千年の時を超えて、加藤千恵がつむぎだす、現代の22のせつない恋物語。

 


・収録話数

第一話 あの人を待つこともなく

第二話 願っても桜は散ったし

第三話 触れた熱さがいとおしい

第四話 何かが不足している

第五話 雪が溶けるみたいに会えなくなった人

第六話 ためらううちに

第七話 想像はしょせん想像

第八話 君は続いていく

第九話 気づかないうちに終わって

第十話 忘れられない自分

第十一話 揺らしたら溢れてしまう

第十二話 愛とも恨みとも

第十三話 わたしに似てくるあなたの心

第十四話 遠く深い場所まで

第十五話 君と一緒に生きていきたい

第十六話 さっきまで俺に向けてた唇

第十七話 本当のことも言えない

第十八話 月はどっちの空に

第十九話 どんな景色を見ているの

第二十話 誰かが言ってくれたなら

 

「新古今和歌集」作者紹介

あとがき

 


・初出

第七、十一、十二話、文藝、2011年秋号

その他は書き下ろし

 


・刊行情報

あかねさす 新古今恋物語(河出書房新社)

2011年10月30日

 


・読了日

2018年3月7日

 


・読了媒体

あかねさす 新古今恋物語(河出書房新社)

 


・感想メモ

新古今の短歌一つ一つに、その短歌から想像していった作者の小説と短歌が一つずつ付されている。温かく、切ない物語が優しく読みやすく書かれていく。しかし直球で受け取るには僕はひねくれすぎてしまっていた。(2018.03.07)