・形式


小説、長篇


 



・あらすじ


胸に「H.SENO」の文字を編み込んだセーター。外国人の多い神戸の街でも、昭和12年頃にそんなセーターを着ている人はいなかった……。洋服屋の父親とクリスチャンの母親に育てられた、好奇心と正義感が人一倍旺盛な「少年H」こと妹尾肇が巻き起こす、愛と笑いと勇気の物語。毎日出版文化賞特別賞受賞作。


 



・収録話数


 



・初出


 



・刊行情報


少年H 上・下(講談社)


1997年


 


 


・受賞歴、ランキング


1997年度毎日出版文化賞特別賞


 


第24回大佛次郎賞最終候補


 



・読了日


 



・読了媒体


少年H 上下(青い鳥文庫)


 



・感想メモ


()