・形式


小説 


 



・あらすじ


智に働けば角がたつ、情に棹させば流される―春の山路を登りつめた青年画家は、やがてとある温泉場で才気あふれる女、那美と出会う。俗塵を離れた山奥の桃源郷を舞台に、絢爛豊富な語彙と多彩な文章を駆使して絵画的感覚美の世界を描き、自然主義や西欧文学の現実主義への批判を込めて、その対極に位置する東洋趣味を高唱。『吾輩は猫である』『坊っちゃん』とならぶ初期の代表作。


 



・収録話数


 



・初出


新小説、1906年9月


 



・刊行情報


 



・読了日


2015年12月23日


 



・読了媒体


草枕(新潮文庫)


 



・感想メモ


()