・形式


小説、中篇


 



・あらすじ


『坊っちゃん』は数ある漱石の作品中もっとも広く親しまれている.直情径行,無鉄砲でやたら喧嘩早い坊っちゃんが赤シャツ・狸たちの一党をむこうにまわしてくり展げる痛快な物語は何度読んでも胸がすく.が,痛快だ,面白いとばかりも言っていられない.坊っちゃんは,要するに敗退するのである. (解説・注 平岡敏夫)


 



・収録話数


 



・初出


ホトトギス第九巻第七号附録、1906年4月1日


 



・刊行情報


 



・読了日


2015年12月23日


 



・読了媒体


坊っちゃん(新潮文庫)


 



・感想メモ


()