本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

現在試運転中です。

デビルマン(講談社漫画文庫)5 /永井豪

・形式

漫画、長編、ホラー、アクション

 


・あらすじ

人類最大の敵、その真の正体とは?    

 

人類救済を望んでいた飛鳥了が突如、不動明の敵にまわった。了は何故、人間を見捨てたのか? 恐るベき飛鳥了の秘密とは何なのか? 了と明の哀しい戦いが始まる

 


・収録話数

第一章 堕天使

第二章 崩壊

第三章 ハルマゲドン

ぼくのデビルマン 高千穂遥

 


・初出

週刊少年マガジン

 


・刊行情報

デビルマン(講談社漫画文庫)5

1997年6月12日

 


・読了日

2018年1月29日

 


・読了媒体

デビルマン(講談社漫画文庫)5

 


・感想メモ

この5巻の展開とラストシーン、そしてメインキャラクターたちへの扱いによってデビルマンは画期的な作品として漫画史に残る作品になったと言えるだろう。

 

 

このラストシーンはどうなのだろうか。バッドエンドだと言われればそうだが、いわゆるバッドエンドとは明らかに違う気がする。その違いは、作中の人間の醜さとサタンの美しさの対比に如実に表れている。不思議だ。(2018.01.29)