小説とか漫画とか映画とか創作とか日記とか

本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

サイトデザインを2カラムにするか悩み中です

占星術殺人事件 /島田荘司

・形式

小説、長編、推理、ミステリー、殺人事件、ミステリー、猟奇的、密室

 


・あらすじ

1936年2月26日。二・二六事件が発生したその日、猟奇的で難解を極める事件が起きた。画家の梅沢平吉が、自宅の密室状態のアトリエで殺された。そして、現場に残された遺書には怪奇な内容が記されていた。それは若い6人の処女から、それぞれの星座に合わせて体の一部分を切り取り、それらを合成して完璧な肉体を持つ女性「アゾート」を作成するというものだった。

 

その後、6人の姉妹が全員殺され、それぞれ頭、肩、胸、腰、大腿部、下足部が切り取られた状態で発見された…。はたしてアゾートは作成されたのか? また、アゾートはどこにあるのか? そして犯人は誰なのか? 幾多の謎は解かれることなく、占星術殺人と名づけられたこの事件は、やがて迷宮入りとなった。

 

それから約40年後の1979年。飯田美沙子という女性が、御手洗潔の占星学教室にやってくる。亡くなった元警察官の父親・竹越文次郎の遺品を整理していたところ、自分こそが占星術殺人で切り取られた体を各地に運んだ人間なのだということを告白した手記を見つけたが、警察に持ち込むのはさすがにためらわれたため、探偵のような才能もあると評判の御手洗の元に持ってきたのだという。それまで、ほとんど占星術殺人のことを知らなかった御手洗だったが、これをきっかけに石岡和己からこの事件のあらましを改めて聞き、珍しく興味を示す。

 


・収録話数

プロローグ

1~24

解説 鎌田正一

 


・初出

江戸川乱歩賞応募作

 


・刊行情報

占星術殺人事件(講談社)

1981年12月


占星術殺人事件(講談社ノベルス)

1985年2月5日


占星術殺人事件(講談社文庫)

1987年7月15日


占星術殺人事件(光文社文庫)

1990年11月


島田荘司全集 I
2006年9月


占星術殺人事件 改訂完全版(講談社ノベルス)

2008年1月11日


占星術殺人事件 改訂完全版(南雲堂)

2008年2月


占星術殺人事件 改訂完全版(講談社文庫)

2013年8月10日

 

 

・受賞歴、ランキング

第26回江戸川乱歩賞最終候補

 

2014年ガーディアン「世界の密室ミステリーベスト10」第2位

 


・読了日

2018年1月17日

 


・読了媒体

占星術殺人事件(講談社文庫)

 


・感想メモ

某推理漫画とトリックがまったく一緒で途中で真相が分かってしまい楽しめなかったがラストの余韻はとても良かった。某推理漫画が同じトリック使ってなかったらもっと楽しめたのかなと思う。某推理漫画のほうは初めて読んだときにトリックに驚いた記憶があるし。(2018.01.17)