小説とか漫画とか映画とか創作とか日記とか

本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

サイトデザインを2カラムにするか悩み中です

ニライカナイをさがして /葉山透

ニライカナイをさがして (富士見ミステリー文庫)

ニライカナイをさがして (富士見ミステリー文庫)

 

・形式

 小説、長篇、ボーイ・ミーツ・ガール

 


・あらすじ

ニライカナイ、僕たちの住むこの世界とは別の異境、神々の国。そこは僕たちにとっての理想郷、天国のようなところなんだって…。朝の羽田空港で僕が出会ったのは、ポスターの中の女の子、宮沢梨花。彼女は、人気絶頂のアイドルだった。僕は彼女に手をひかれるまま、搭乗ゲートをくぐることになる。彼女が持つのは、楽園行きのBoarding pass。羽田から那覇、石垣島、そして波照間島。南へと続く二人の旅。この青い海の果てには、ハテのウルマと名づけられたこの島の、もっと先の果てには、〈ニライカナイ〉があるのだろうか…?「ねえ、タクロー。ニライカナイは、どこにあるの?」リカとタクロー。秘密を抱えた二人が南の島で織りなす恋物語。

 


・収録話数

 


・初出

 


・刊行情報

ニライカナイをさがして(富士見ミステリー文庫)

2005年12月10日

 


・読了日

 


・読了媒体

 ニライカナイをさがして(富士見ミステリー文庫)

 


・感想メモ

ストーリーは主人公が空港でアイドルと出会い沖縄へ旅立つというものです。ドラマや映画だと「ないなぁ」と思ってしまうんですが、この小説だと不思議と許せました。ストーリーも結末も僕好みでした。(2009.03.29)