小説とか漫画とか映画とか創作とか日記とか

本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

現在試運転中です。広告は自動設定なんですけどよく分からない場所に置かれるな…

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 幸せの背景は不幸 /入間人間

・形式

小説、長篇、ライトノベル

 


・あらすじ

御園マユ。僕のクラスメイトで、聡明で、とても美人さんで、すごく大切なひと。彼女は今、僕の隣にちょこんと座り、無邪気に笑っている。リビングで、マユと一緒に見ているテレビでは、平穏な我が街で起こった誘拐事件の概要が流れていた。誘拐は、ある意味殺人より性悪な犯罪だ。殺人は本人が死んで終了だけど、誘拐は、解放されてから続いてしまう。ズレた人生を、続けなければいけない。修正不可能なのに。理解出来なくなった、人の普通ってやつに隷属しながら。―あ、そういえば。今度時間があれば、質問してみよう。まーちゃん、キミは何で、あの子達を誘拐したんですか。って。第13回電撃小説大賞の最終選考会で物議を醸した問題作登場。

 


・収録話数

 


・初出

書き下ろし

 


・刊行情報

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 幸せの背景は不幸(電撃文庫)

2007年6月1日

 


・受賞歴、ランキング

 第13回電撃小説大賞最終選考

 


・読了日

2009年3月22日

 


・読了媒体

 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 幸せの背景は不幸(電撃文庫)

 


・感想メモ

表紙の女の子が文字通り壊れていて怖いです。ちょっと僕には合いませんでした。(2009.03.29)