本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

現在試運転中です。

こもれびの国 1 /得能正太郎

・形式

漫画、長編、フルカラー、学園、少女

 


・あらすじ

お城に暮らす小さなお姫様、街を守護する若き騎士たち、そしてそこに暮らすあたたかな人々…。ふんわりやさしいこの国で、リュリュはなかよしのともだちと共に元気に明るく学生生活を楽しんでいます。


いまにも動き出しそうな少女たち、細密画のように情報にあふれた画面構成、人気イラストレーター・得能正太郎の初めてのコミックスは、女の子たちのひそやかな息遣いであふれています。大幅加筆修正し全ページカラーの豪華単行本。

 


・収録話数

scene1 リュリュとコレット

scene2 朝

scene3 レム

scene4 学校

scene5 テスト

scene6 市場

scene7 コレットと騎士

scene8 手紙

scene9 リトル・プリンセス

scene10 タルト

 


・初出

月刊コミックガム

 


・刊行情報

こもれびの国 1 (GUM COMICS)

2010年2月10日

 

 

・読了日

2018年1月1日

 


・読了媒体

こもれびの国 1 (GUM COMICS)

 


・感想メモ

イラストレーターの書いた漫画という印象を受けた。1コマ1コマの絵が1つのイラストのようだ。それだけ絵が魅力的だということでもあるけど、1コマ1コマが断絶しているようにも思ってしまう。

 

 

ストーリー的にはとある学園に通う生徒たちの生活を描いている。しかし学園や世界観についての説明は少ない。登場人物たちの会話や仕草を楽しむことになるだろう。あとは雰囲気とか。(2018.01.01)