・形式


漫画、長編、夜、ファンタジー、絵本


 



・あらすじ


驚愕の才能、初の長編作。ここに、漫画の新たな「可能性」がある。


 


他に類を見ない圧倒的な作画と、清冽なポエジー溢れる物語…デビュー作『祈りと署名』によって、“漫画の新たな可能性を拓く"と評されてシーンに衝撃を与えた才能が満を持して放つ、初の長編作。
はかなく優しく溶け合うような、闇と光を巡る“冒険"の物語。


 



・収録話数


全7話


朝も昼も夜も等しく(あとがき)


 



・初出


月刊コミックビーム、2013年12月号~2014年6月号


 



・刊行情報


夜よる傍に(ビームコミックス)


2014年7月7日


 


 


・読了日


2017年12月26日


 



・読了媒体


夜よる傍に(ビームコミックス)


 



・感想メモ


水墨画のようなタッチで描かれた一風変わった漫画だった。少し変わった冒険譚というか成長譚だろうか。村上春樹や司修に連なる作家と言えるかもしれない。(2017.12.26)