小説とか漫画とか映画とか創作とか日記とか

U-22 フィリップ・トルシエとプラチナエイジの419日 /元川悦子

・形式

ノンフィクション、サッカー、オリンピック

 


・あらすじ

本書は1998年9月21日、フィリップ・トルシエの日本代表監督就任の日から、99年11月13日、五輪2次予選でシドニーへの切符を手に入れるまでの波瀾の419日間を、U-22(under 22--22歳以下)世代=プラチナ・エイジ達の視点から、つぶさに追ったライブドキュメントである。小野のゲームメイキング、中村のスルーパス、柳沢のドリブルシュート、稲本のインターセプト、市川のオーバーラップ、宮本のラインコントロール、南のファインセーブ……。サッカーに憧れ、サッカー選手を夢見て、夢を現実にし、遂には「世界基準」の実力を勝ち取っていくJリーグの申し子たちの昨日、今日、明日を、記録と分析、選手本人や関係者へのインタビューで綴る。

 


・収録話数

 


・初出

 


・読了日

2008年2月14日

 


・読了媒体

U-22 フィリップ・トルシエとプラチナエイジの419日(小学館)

 


・感想メモ

本書は、フィリップ・トルシエ氏の日本代表監督就任から、シドニーオリンピックアジア2次予選でU-22の世代が本大会への切符を手に入れるまでの物語である。本書では特に、宮本恒靖、稲本潤一、市川大祐、南雄太、中村俊輔、小野伸二、柳沢敦の少年時代を紹介しながら、アジアユース、ワールドユース、五輪アジア予選の日本代表の戦いぶりを描いている。

 


呼ばれた回数や時期は若干ちがうものの、同じ代表の選手を説明しているので、同じ描写が何回も書かれており、読みにくい印象を受けた。トルシエ監督については非常に詳しいのだが、期待していた中田英寿の描写がほとんどなく、個人的に残念だった。選手の言葉ももう少し入っていると嬉しかった。(2008.02.14)